食育とは

Placeholder image

「食育」とは「知育」・「体育」・「徳育」・「才育」と合わせた五育であり、幼児教育や躾の柱として明治時代に生まれた言葉です。医師で薬剤師であった石塚左玄は「体育・智育・才育は即ち食育なり」と述べています。
それもそのはずです。お腹がすいている状況で頭を動かすことができるでしょうか。肥満な体の人が簡単に走ることができるでしょうか。貧しい食事をするものから抜きんでた人物が登場するでしょうか。全ては「たべること」から始まるのです。
幼児教育での食育はもちろんのこと、大人の食育があってもいいのでは?と考えた私たちはどんな人にも食事の大切さを知ってもらおうと尽力しています。
大人になったら食育は必要ではないのか?

そんなことはありません。ライフステージもライフスタイルも違う人々が暮らす現代社会では食に関する様々な問題が発生しています。Placeholder image
高校から大学に入学とともに一人暮らしを始めた学生にとって自炊というのは難問です。ちょっと昔であれば子どもは母親の料理を手伝うのが当たり前、掃除や家業の手伝いだってしていました。でも、今は便利な社会になって家事に人の手がいらず、ましてや母親が“危ないから”という理由で子どもがキッチンに立つチャンスすらありません。飽食の世界で食べ物が自由に手に入るため、生活習慣病になってしまう人もいます。「あるものを食べているだけなのにどうして病気になるの?」暴飲暴食が当たり前の人にとって自分の食生活の何がいけないのか疑問にも思わない人がいるでしょう。
そんな人たちのために、“きっかけ”や“気づき”を与えられるのが食育です。
包丁を持ったことない子どもには包丁の持ち方から教えます。家で料理をしない若者には惣菜の選び方を教えます。
病気の危機と向き合えない肥満の人には将来について考えてもらいます。
もっと食や料理や栄養を知りたいという人にはその人にベストな体型から教えます。
食育は食べることを忘れない限り一生学び続けることのできる生涯学習のようなものなのです。

活動内容

・栄養セミナー ・料理教室  ・お味噌アレンジ料理教室
・新商品開発  ・広島の特産品や会社商品とのコラボ開発
・レシピ提供  完全オーダー制でその人にあった1日の食事レシピの提供
・栄養指導 ・マネジメントや栄養管理 ・料理教室ティーチャーの育成
・宝塚を目指す子供の為のセミナー  etc

食育リーダー

山下 幸士 ~YAMASHITA KOUJI~

株式会社アップルジャパン入社
株式会社ブレインスタッフ代表取締役
株式会社トップエンジニアリング代表取締役
両社 解任
調理師免許取得
仕出し やました入社 取締役就任
有限会社ヤマシタ
〇もみ爺本舗商品開発
〇2019はつかいち弁当コンペグランプリ
〇広島県PTA 総会はつかいち弁当採用
〇ほっこり山ちゃんのお弁当屋さんブランド立ち上げ
〇E&S office

詳細 Placeholder image Placeholder image Placeholder image Placeholder image
Placeholder image

朝鍋 けいと ~ASANABE KEITO~

管理栄養士 ・ 料理プロデューサー

○*6歳クラシックバレエを始める
○*18歳 食に関わる仕事がしたいと栄養士をめざし 島根県立大学短期大学部健
  康栄養学科に入学
 *卒業研究では地域食材の商品化を企画・紹介をする
 *学内の朝食コンテストで1位を獲得
○*20歳 管理栄養士を目指し 兵庫県立大学環境人間学部食環境栄養課程に編入
 *スポーツ栄養に関心を持ちオーストラリアスポーツ栄養研修に参加
 *在学中、学生トレーナーや宝塚を目指す子どもためのセミナーを自ら開催
 *糖尿病協会主催の糖尿病レシピコンテストにて単独参戦して最優秀賞を獲得
 *大阪府吹田市の(大学生専門学生向け)学生マンションの食堂管理栄養士と
  して1日200食を超える食事の栄養管理・献立作成・発注業務・調理・検収・
  栄養教育など全てを網羅した業務を担当
 *神奈川県の認定こども園にて調理・衛生管理・食材管理を担当
 *神奈川県の美容サロンにて食のエキスパートとして内側からの美についてサ
  ポートを担当
 *広島市の給食会社にて全国7拠点の栄養管理・献立作成を担当

詳細 Placeholder image Placeholder image
Placeholder image

山本 由梨子 ~YAMAMOTO YURIKO~

パーソナルスタイリスト・薬膳・栄養分析

一人ひとり異なる骨格や体型を生かして似合うファッショのご提案、自然により良く見える素材や柄のアドバイスをいたします。
骨格を知ることで似合う服を選ぶことができ、おしゃれが楽しくなります。

調子が悪いと感じるとき必要な栄養素は何か、その方に必要な栄養素と必要な量を分析、改善できるよう一緒に考えさせていただきます。
必要な栄養素をバランスよく継続して摂ることで根本的原因を改善できます。
毎日の暮らしで無理なく続けられる自己治癒力を高める食事療法、病気を未然に防ぐ薬膳をわかりやすくお伝えできるよう、更に知識を深めるため勉強中です。

詳細 Placeholder image Placeholder image
Placeholder image
〒739-0452 広島県廿日市市丸石4-15-45
Tel:0829-30-5657 Fax:0829-54-2797